レオパレスについて考える

ご存じ日本の大手不動産会社レオパレス21。2018年の界壁施工不備問題に始まり、旧村上ファンドやソフトバンク等話題に事欠きません。その株価を中心にいろいろと考えてみました。(土日や休日はあまり更新できないかもしれません)

【GOTO銘柄】グロース&バリューな旅行関連銘柄を比較してみた

8月26日、日経平均0.03%の下げ、マザーズ1.5%の上げです。

 

マザーズは上げましたがこれまでのマザーズの上げを引っ張ってきた銘柄の上げではないような気がします。

 

トレンド転換でしょうか。

 

少し、ポートフォリオの見直しが必要かもしれません。

 

今話題のクラスターが発生した千葉GOTO旅館(緑水亭)に6月に旅行したばかりで肝を冷やしておりますが、

 

今のところGOTO銘柄はやや強そうです。

 

こちらも上げトレンドの末期のような気もしますが、GOTO銘柄のエアトリ<6191>手間いらず<2477>オープンドア<3926>、そして従来型旅行関連銘柄の代表としてKNT-CT<9726>について考えてみました。

 

コロナ前株価への回復率

まずはコロナ前の価格にどれだけ戻ったかについてです。

f:id:reopajigsaw:20200826231633p:plain

コロナ前の価格として、12月2日、コロナの底値として3月23日の価格を持ってきました。

 

3月23日は日経平均が底値を付けた日付となります。

 

そして12月2日の価格にどれだけ戻ったか、3月23日からどれだけ高騰したかを表示しています。

 

まず、手間いらずは比較的順調に回復していますが、エアトリ、KNTは大分まだ出遅れていることがわかります。

 

成長率

次に成長率です。

 

それぞれ決算期が異なるため、少し時期にずれがあります。

また、前期はコロナの影響を受けているため、前々期以前3期の比較をしています。

 

そして成長率は前前前々期からどれだけ成長したかを示しています。

 

これを見るとエアトリの成長率が素晴らしいことがわかります。

 

f:id:reopajigsaw:20200826232314p:plain

 

時価総額

最後に時価総額です。

KNTは取扱高は大きいですが、時価総額が小さいことがわかります。

 

エアトリ、手間いらず、オープンドアいずれもまだまだ小型株であることがわかります。

 

f:id:reopajigsaw:20200826232607p:plain


 まとめ

GOTO銘柄はコロナの影響を強く受けており、バリュー株としても優秀ですが、今回上げた銘柄はグロース株としても優秀です。

 

いずれの株も中長期でみると上がりそうなので成長性を考えるとオープンドア、手間いらずがまだ成長が飽和しておらず私は好みですが、どの銘柄を買っても中長期では大丈夫そうです。

 

テクニカルでタイミングをはかって、買い増していく、そんな買い方が良いでしょうか。

 

本ブログは、有価証券報告書・半期報告書・大量保有報告書等で公開された情報を元に作成されています。本ブログに掲載されている情報は、証券投資等の勧誘を意図するものではありません。また本ブログに掲載する情報の正確性については万全を期しておりますが、当サイトの利用に伴って利用者に発生した不利益や問題について、何ら責任を負うものではありません。本ブログは証券取引法・金商品取引法に基き金融庁EDINETや公式webサイトを経由して開示された有価証券報告書・半期報告書・大量保有報告書・変更報告書を引用しておりますが、各書類の訂正、追加、削除、欠落、消滅、誤記、出典となるホームページにおける記載との差異などにより、利用者が被ったとされるいかなる損害についても一切の責任を負いません。