レオパレスについて考える

ご存じ日本の大手不動産会社レオパレス21。2018年の界壁施工不備問題に始まり、旧村上ファンドやソフトバンク等話題に事欠きません。その株価を中心にいろいろと考えてみました。(土日はあまり更新できないかもしれません)

【原油】まだ上がる?米における原油貯蔵、輸入、産出量を確認してみた

f:id:reopajigsaw:20200516004103p:plain

 

4月20日に歴史的なマイナス価格を付け、4月末からほぼ一本調子に上がってきたWTI原油先物価格がここ数日、30~35ドルの間で乱高下しながら停滞気味になっています。

 

そんな中、OPECとロシアに関する協議、6月4日にOPECプラス会合の開催について報道されています。

 

  • OPECとロシアは現在の減産合意の延長で合意に近づき、1-2カ月延長で協議している。
  • OPECプラスはオンライン会合を予定より1週間程度早め、早ければ4日にも開く可能性がある。

 

www.bloomberg.co.jp

 

減産を1~3カ月の延長するとの報道が出ていますが、合意の前提はアメリカの減産継続と考え、需給に関して確認いたしました。

 

 

 

データはアメリカ合衆国エネルギー省 エネルギー情報局(EIA)webページを参照しました。

 

原油貯蔵量

まず、原油貯蔵量です。WTI原油先物価格はオクラホマ州クッシングにおいて受け渡しされる原油先物の価格ですので、オクラホマ州クッシング、そして、アメリカ全体における貯蔵量の推移を示しています(図1)。

 

その推移をみるとオクラホマ州クッシングにおける原油貯蔵量は先週に引き続き、減少していることがわかります。

f:id:reopajigsaw:20200601205720p:plain

図1 アメリカにおける原油貯蔵量とWTI原油先物価格

 

次に、アメリカにおける原油産出量、輸入量の推移を示します。

これによると原油産出量は相変わらず低下しています。輸入量に関してはむしろ増加していることを示しています。

f:id:reopajigsaw:20200601211807p:plain

図2 アメリカにおける原油産出量と輸入量



まとめ

これらのデータを見ると原油価格に関してポジティブな数値が多いように思います。

アメリカ、ロシア、サウジがそれぞれ何かしらの合意をしているとするとそれぞれに何らかの『うまみ』があるのでしょう。

 

最も産出コストの高いアメリカにもうまみがあると30ドル後半~40ドル前半も見えてくるでしょうか。

 

  • シェールオイルの採算ラインとされているのが30~40ドル

  •  

    ロシアの予算編成の前提が42ドル

  •  

    サウジアラビアの予算編成が北海ブレントで60ドル程度(でも6%赤字)

 

reopajigsaw.hatenablog.com

本ブログは、有価証券報告書・半期報告書・大量保有報告書等で公開された情報を元に作成されています。本ブログに掲載されている情報は、証券投資等の勧誘を意図するものではありません。また本ブログに掲載する情報の正確性については万全を期しておりますが、当サイトの利用に伴って利用者に発生した不利益や問題について、何ら責任を負うものではありません。本ブログは証券取引法・金商品取引法に基き金融庁EDINETや公式webサイトを経由して開示された有価証券報告書・半期報告書・大量保有報告書・変更報告書を引用しておりますが、各書類の訂正、追加、削除、欠落、消滅、誤記、出典となるホームページにおける記載との差異などにより、利用者が被ったとされるいかなる損害についても一切の責任を負いません。