レオパレスについて考える

ご存じ日本の大手不動産会社レオパレス21。2018年の界壁施工不備問題に始まり、旧村上ファンドやソフトバンク等話題に事欠きません。その株価を中心にいろいろと考えてみました。(土日や休日はあまり更新できないかもしれません)

大量保有報告書(EDINET)の読み方をまとめてみました

f:id:reopajigsaw:20200504151612p:plain

レオパレス21の株価は2年前の5月11日に1023円を付けましたが、2018年に明らかになった施工不備問題により、今では232円と約1/4まで下がっています。

その価格の低下により、外資系ファンドであるオデイアセットマネジメントや旧村上ファンドであるレノ、そして、光通信の重田氏との関係が噂されているアルデシアによる株式の大量保有が知られています。

reopajigsaw.hatenablog.com


上に挙げたような主要株主の動向を知ることにより、今後の株価変化に関して知見を得ることができる可能性があります。

では、主要株主の売買動向はどこで調べることができるでしょうか。
大量保有報告書について整理していました。

大量保有報告書でわかること

書類は4種類(訂正報告書を除く)あります。

上場会社の株式を大量に保有した場合、金融商品取引法に基づいて財務局に報告書を提出する必要があります。
報告書の種類は①大量保有者の属性、②取引の内容(新規の保有か、持分の変更か)、により決まります。

①の属性は、金融商品取引業者、銀行、信託会社等であれば、特例報告が認められています。

大量保有者が特例報告の対象でない場合、一般報告をすることになります。

②の取引の内容ですが、新規に5%以上の株式を取得した場合は大量保有報告書保有後、1%以上の持分の変動があった場合、変更報告書を提出する必要があります。

提出の期日

一般報告の場合、大量保有者は義務の発生(5%以上の新規保有または1%以上の持分の変更)の翌日から5営業日以内に報告書を提出する必要があります。

仮に月曜日から1日2%ずつ購入したとします。すると水曜日には保有比率は5%を超えるためそこが報告義務の発生日となります。その翌日から土日休日を除く、5営業日以内なので翌週の水曜日までに報告書が提出されることになります。

f:id:reopajigsaw:20200504122212p:plain


特例報告の場合、あらかじめ定めた基準日(下記、aまたはbを選択可能)から5営業日以内に報告書を提出する必要があります。

  a.各月の第2月曜日及び第4月曜日(第5月曜日がある場合にあっては、第2月曜日、第4月曜日及び第5月曜日)
b.各月の15日及び末日(これらの日が土曜日に当たるときはその前日とし、これらの日が日曜日に当たるときはその前々日)

大量保有報告書の検索方法

大量保有報告書金融庁のウェブサイト『EDINET』で検索することができます。
https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/


検索ボタンを押すとその下の方に大量保有報告書、変更報告書が表示されます。


f:id:reopajigsaw:20200504132646p:plain

f:id:reopajigsaw:20200504132724p:plain

報告書の中身を確認する場合は、そのままクリックで見ることができます。
プログラムで処理する場合はXBRL形式でダウンロードして、処理すると便利です。

f:id:reopajigsaw:20200504141049p:plain

【報告書の表紙】

表紙には報告義務の発生日が記載されています。
ここに記載されている氏名または名称は大量保有者の氏名または名称と異なる場合があります。

f:id:reopajigsaw:20200504141805p:plain

【大量保有者の氏名】

f:id:reopajigsaw:20200504144135p:plain

【上記提出者の保有株券等の内訳】

f:id:reopajigsaw:20200504144541p:plain

保有株券等の取得資金】

取得資金の情報を見ると、大量保有者がどの程度の価格で株式を取得したのかがわかります。
大量保有者の取得価格がわかると、現状の損益の状況に関して知見が得られ、今後、どの程度まで株価が下がれば追加の取得があり得るか?どの程度まで株価が上がれば、手放す可能性があるか、いろいろと推定することができます。

f:id:reopajigsaw:20200504144918p:plain

本ブログは、有価証券報告書・半期報告書・大量保有報告書等で公開された情報を元に作成されています。本ブログに掲載されている情報は、証券投資等の勧誘を意図するものではありません。また本ブログに掲載する情報の正確性については万全を期しておりますが、当サイトの利用に伴って利用者に発生した不利益や問題について、何ら責任を負うものではありません。本ブログは証券取引法・金商品取引法に基き金融庁EDINETや公式webサイトを経由して開示された有価証券報告書・半期報告書・大量保有報告書・変更報告書を引用しておりますが、各書類の訂正、追加、削除、欠落、消滅、誤記、出典となるホームページにおける記載との差異などにより、利用者が被ったとされるいかなる損害についても一切の責任を負いません。